会社員ではない人がキャッシングを利用する場合

キャッシングを利用するとき、審査において一番重要視されるのは「安定した収入があるかどうか」です。

一般的に会社員と呼ばれる、会社勤めをされている方はお申込みの際に年収や勤続年数などを記載します。

「この人は勤続年数も長く、安定した収入があるので、〇〇万円までなら返済期日までにしっかり返済してくれるだろう」と審査の材料になるからです。

しかしながら、世の中には会社勤めの方だけでなく、学生や結婚して専業主婦になる方、自分で飲食店を経営したり、個人事業主になる方など、様々な立場の方がおられます。

このような方たちは会社員とは違い、毎月一定のお給料をもらっているわけではないので、安定した収入があるとは言い難いです。

では会社員ではない方たちがキャッシングを利用するとき、お申込みの条件や審査基準において、会社員と比較してどのような違いがあるのでしょうか。

新しい記事↓