カードローンで過払い金が発生する理由

カードローンといえば消費者金融のキャッシングや、銀行系のキャッシングが該当しますが、過払い金が発生している場合がありますので請求により返還が可能です。

過払い金とは払いすぎた利息を言いますが、利息を払いすぎてしまう原因には金利の高さがあります。

現在では利息制限法により20%が上限金利となっていますが、以前は20%を超えた金利で融資が行われていたため、その期間が長くなると利息を多く支払っている状況が出てくるのです。

銀行のカードローンでは利息制限法の上限を守って融資が行われているため、基本的に過払い金が発生しない融資となります。

消費者金融ではグレーゾーン金利によって高い金利での融資がありますので、利息の払いすぎが発生してしまうのです。

カードローンは銀行でも取り扱っていますが、消費者金融とは違いますので利息の負担を軽くすることが可能なのです。

キャッシングでは18%の金利が一般的ですが、銀行では限度額の設定が高くても15%程度が一般的な金利となります。

僅かな差にしか感じられないかもしれませんが、キャッシングではリボルビング払いで返済しますので、返済期間が長くなると利息の負担が増えてくるのです。

過払い金は消費者金融のキャッシングでは発生しやすいですが、銀行のカードローンではほとんど発生しない性質があります。

過払い金が発生しないとはいっても借金には変わりありませんし、金利によっては返済の負担も多くなるのです。