カードローンのメリット・デメリット

そもそもカードローンとは、カードを利用してATMや現金自動支払機などで現金の借り入れを行えるローンの方法のことを言います。
カードローンは保証人不要のため、『急な出費が必要になった』『身内の人に頼りたくない』などのときに便利です。

 
カードローンには銀行と消費者金融の2つがあります。

それぞれのメリット・デメリットを簡単にまとめてみました。

【銀行カードローンのメリット】
・金利が低い
・年収の3分の1以上の借入れが可能!

【銀行カードローンのデメリット】
・審査基準が消費者金融に比べ厳しい
・返済の遅れが出ると厳しい措置をとられる

 
【消費者金融カードローンのメリット】
・銀行に比べて審査がゆるい
・即日融資が可能など、対応が早い

【消費者金融カードローンのデメリット】
・銀行に比べて金利が高い
・無収入だと借入れができないため、専業主婦の方は利用することができない。
 (※ただし、パート・アルバイトは収入があれば可)

などがあります。

 
そして、銀行と消費者金融のカードローンの大きな違いは『総量規制』です。

総量規制とは、貸金業法により貸金業者から借りることのできる額の総額に制限が設けられている規制のことで、借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れをすることができません。

銀行では総量規制対象外での借入れ可能。
ですが、消費者金融では総量規制対象外での借入れは基本的に不可能ですので、比較のポイントにもなるでしょう。

 
こういったメリット・デメリットをみて、比較して、自分に合った借入れをしましょう!