カードローンを複数利用できるのか

カードローンの利用に関しては消費者金融であれば貸金業法の総量規制によって年収の3分の1を超える借り入れができない制限があります。

しかし、これは利用額についてしか制限していないため、複数のカードローンを利用ができます。

複数利用する場合、短期間で利用額を増やせるメリットがあります。

カードローンは信用貸しであるため、信用できると思える相手に問題なく返済できると考えられる金額までしか利用を認めません。

そのため、実績のない契約時の利用限度額は低くなっています。

実績を作って信用が得られれば申し込みを行い、審査に通ることで増額できますが、実績を作る期間が半年以上必要であり、審査に落ちれば一時的に利用できなくなったり減額されるリスクがあります。

これを避けるために複数のカードローンを利用する人が多いです。

ただし、デメリットも多いので注意しなければなりません。

3社程度であれば管理しきれますが、それ以上になると返済日を忘れるなどして返済の遅延を起こす危険性があります。

長期的な遅延でなければブラックリストには載りませんが、金融業者には悪印象を与え、遅延損害金も発生します。

金利についても損になります。カードローンの金利は利用限度額が高くなるにつれて引き下げられます。

これは優良顧客を逃さないための対応ですが、複数利用している場合は利用限度額が低いままなので高い金利が適用され、返済の負担になります。

また、利用数が多くなると信用も低くなります。その結果、連絡もなく利用限度額が引き下げられることもあります。

カードローンの複数利用で返済が負担に感じた場合、早めにおまとめローンなどに借り換えて負担を減らすようにします。