キャッシングの借り換えとはなにか

キャッシングでは、現在利用している金融業者とは別の業者と契約してお金を借り、そのお金で利用中の金融業者の借り入れを一括返済する借り換えを行うことができます。

これには金利を引き下げられるメリットがあります。

金融業者によって金利にはかなりの差があります。

利用している金融業者が消費者金融などの金利の高いところであれば、金利の低い銀行などに借り換えることで返済の負担を減らせます。

金利が同じ、または高い業者への借り換えは意味がありません。

また、これは複数の業者の借り入れをまとめることもできます。

このような利用を行う場合、利用限度額を最初から高くしなければならないため、申し込みの際に借り入れのまとめに利用することを伝えます。

ただし、まとめる数が多すぎると断られることがあります。

借り換えの利用では、審査に自信がない場合を除けば、総量規制の対象外であり金利の低い銀行の利用が適しています。

法律上は総量規制の対象になる消費者金融などでも利用者が有利になる場合は例外として借り入れ額の制限がかからなくなっています。

しかし、これは法律上の制限がないだけであり、必ず審査に通るということではありません。

年収の3分の1を超える残高がある場合は審査に通りにくくなります。

キャッシングの借り換えを行う場合、それ専用のものと通常の借り入れの用途の1つとして利用できるものがあります。

専用のものでは追加の借り入れができないことがあるため、追加の借り入れをしたい場合は対応しているものを選びます。