自営業の方がカードローンの審査を受けたら

カードローンの審査で最も重要な項目は、仕事の情報ですが、これは勤務先の情報や年収、勤務期間などを総合的にチェックして判断をしていきます。
自営業
わしみたいな自営業の方がカードローンの審査を行った場合には、どのように判断されるんだ?
仕事として評価が高いのは、リストラの心配が少なかったり、倒産のリスクが低い業種になります。
ですので公務員や大手企業の正社員となれば審査に通ることは問題なくできますが、自営業となると、やはり経営がうまくいかずに廃業をしてしまう方も多く、評価としては低評価となってしまいます。
実際にカードローンなどの審査ではアルバイトやパートなどと同じ扱いとされているのが現状ですので、審査そのものは通ったとしても、借り入れ可能な額が低く設定されてしまうでしょう。
自営業
業績が好調でも自営業の評価は低くなってしまうのか?
そうです。例えば年収の少ない公務員と、年収の多い自営業であっても、年収の少ない公務員の方が高評価とされてしまい、借り入れが可能な額が年収の少ない公務員の方が多くなることがあります。
自営業
自営業が少しでも審査で良くみられるためにはどうすればいいんだ?
自営業の方は年収の多さよりも、どのぐらいの期間続けているのかという事の方が、重要となってきます。最低でも半年は続けるか、確実なところでは1年以上は続けてから申し込みをした方が良いでしょう。
また自営業の方がカードローンを利用しようとした場合には、収入証明書や源泉徴収票などを提示しなくてはなりませんので、すぐにお金が必要となっても、借り入れるまでに時間がかかってしまいます。